ヨッタスケールデータの科学技術

Top PageTop Page

情報の「質」と「量」を扱う科学技術

私たちが情報を扱うとき情報の量だけでなく質や価値がとても大事です。必要のない情報はいかに大容量でも役に立ちません。
人類が作り出すデータ量は2030年には現在の千倍(ヨッタバイト)を超えると推定されます。従来の技術の延長ではこれほど巨大な情報量を取り扱うことは難しいと考えられます。情報の「質」も扱える新しい科学技術を創出しこの巨大情報から大きな知や価値を引き出すことができるようにしたいと思っています。

プログラムの狙い

  • 情報の「量」と「質」を共に扱う学際領域の新しい学問
  • 新情報工学から新人文社会科学までをカバーする従来にない研究分野
  • 文理融合型のICT情報科学技術のための研究開発プラットフォームの構築
  • ビッグデータ、AI、IoT、セキュリティ、等に関する情報の「量」と「質」の両輪を踏まえた研究によって、これまでにない社会的価値を創出
  • 豊かな文化と頑健なシステムを持つ社会を実現するための貢献(文化価値、都市計画、減災・防災、エネルギー、など)から、個人個人を理解して適した支援としてサービス、マーケティング、医療・ヘルスケア、などに成果を生むICT技術
情報の「質」と「量」を扱う科学技術

ResearchResearch

文理融合による新しい情報科学技術研究へ

情報の「量」と「質」を扱う科学を世界に先駆けて確立し、今後15年で現在の1000倍に達するヨッタ(1兆の1兆倍:1024)バイトという巨大情報量から知を創り出す未来ICTの基盤技術を確立します。


巨大情報の「量」に加えて情報の「質」や、さらに「価値」の理解を可能とするシステム実現のための概念を考えます。


知性と情報処理をつなぐ文理連携による学際融合型研究を進めます。

ヨッタスケール情報科学の展開

  • ビッグデータ:大量のデータから有用な知識を得る技術
  • AI(人工知能):知を生み出す人間的判断を実現する技術
  • IoT(Internet of Things):「物」をネットワークに接続してすべての情報を制御する技術
    • 「物」からセキュア化する技術
    • 高速広帯域ネットワーク通信技術
文理融合による新しい情報科学技術研究へ

ScientistsScientists

ArticlesArticles

Column

Publication

ContactContact

以下のフォームにご入力の上、「入力内容の確認画面へ」ボタンをクリックしてください。
※マークの項目は入力必須となります。

所属
氏名
ふりがな
メールアドレス
お問い合わせ内容

個人情報に関して、本人の同意なく、無断で収集・利用することはありません。
入力内容をお確かめのうえ、[入力内容の確認画面へ]ボタンを押してください。